2017年05月12日

いつもならもうこの時間はお店の準備ですったもんだしてる頃。
今日はブログ2つ目。

先週から、お店を一時閉めるというのをいろんな人に宣言してきました。
閉める決意に至った経緯を説明し、ざっくりとこんなふうに生まれ変わりたいんだということもお伝えしながらだったので、幸いみなさんには今回の一時閉店は好意的に受け止めてもらえたみたいでした。

で、いつ再開するの?
閉めてる間どうするの?

そう。それですよ。

閉めると言いながら、明日は石巻からのお客さんの予約が入ってるし、来週の土曜日も予約を受けてしまったし。普通の人から見れば、閉めてるの?ってなりますよね。
もともとCafeのランチは、自分ちで食べる分を多めに作って食べてもらうくらいのものでしたから、今回の予約を受けるのも、自分ちに来たお客さんをもてなすくらいなもの。
昔、田舎のお店は営業時間外でも頼めば買える、みたいなノリで閉めててもこちらのペースに合わせてもらえれば、やれるときはやってもいいかと。

でも、これからはこんな風に予約を受けて、こんにゃくや季節のうちの野菜や果物を、ただ食べるだけでなくゆっくり楽しく味わってもらえるようなやり方がしたいなと思っています。
これまで、週に二日だけとはいえ、こんにゃくを作り、買い出しをし、そのうえで農作業や新しい仕事もとなると、なかなかCafeでいろいろやりたいと思っても、まとまって考える時間もありませんでした。。
天気が良ければピクニックみたいに、ゴーシュの森で鳥の声を聞きながら、草の上でお弁当を食べてもらったり、自分でブルーベリーを摘んできてもらったりもしたいな。
自分でとってきたトマトやピーマンをトッピングして、段ボールオーブンでピザを焼いたり、太陽光温水器で沸かしたお湯でハーブティーやスープを作ったり、食後のコーヒーは自分焙煎で、なんてこともしたい。
特別なイベントでなく、ここの自然の恵みや農の暮らし、山の広々とした空間を楽しめるようなことを、ここの日常のCafeでやりたいとずっと思ってきました。
お客さんと一緒に、昼の小さな旅をするようなメニューを。

このほか娘頼みだったスィーツ。
チーズケーキとかチョコレートケーキ、コーヒーに添えるクッキーとか作れるようになりたいです。
せっかく手に入れた希少なメープルシロップも使って、フレンチトーストやワッフルも試してみよう。父ちゃんはパンを作ってほしいというので、こちらもそのうちやってみます。

b
そんなわけで、閉めてる間、今までのCafeの日は、だいたいお店の中で試作品作ったり、店の模様替えや、庭の管理なんかをしてると思います。
スィーツの試食があるかもだったり、庭を眺めてもらったり、飲み物くらいでよければ出せますので、よかったらどうぞ。
今日はこれからお昼ご飯を作って、午後はワッフルを作ってみようかと・・・。

で、いつから再開するかって?
まだ私にもわからないんですよ。
しばらくはこんな感じで、私のじたばたにお付き合いいただければ幸いです。


(11:11)
c
去年は桜の時期でしたが、今年は新緑の季節の釜房湖。
エコキャンプを利用して、もう少し気軽にカヌー(正確にはカヤック)体験ができないか。
コイの産卵のこの時期、10年ほど前に体験した“カヌーの下コイがいっぱーい”っていうのを子供たちに体験させてあげられないか。
そんなことを検証するために、久しぶりにカヌーに乗ってきました。
かなりの強風だった前日からすると、嘘のように穏やかでいい天気。
a
残雪の蔵王を遠くに臨み、日差しに輝く山の新緑、水面すれすれに飛び立つ鵜や、サギたちの集合住宅のような巣を見ながら、マイナスイオンたっぷりの春の空気で体の中まで洗い流せたような、そんなぜいたくな2時間でした。

10年ほど前、みちのく公園で北川下流にカヌー体験ができる場所を整備するというので、友人たちとモニタリングに協力したことがありました。
本当は、その後どうなっているのか知りたかったのと、そこが使えれば安全で漕ぎやすい場所に楽にアプローチできるので、そこから漕ぎ出すのを試してみるというのが当初の予定でした。
でも残念ながら、艇庫や休憩所、トイレ、駐車場、艇が出しやすいようにスロープも作られているのに、そこからの出艇はできないとのこと。
公園を利用するなら、エコキャンプのフリーサイト奥、水の少ない時期は崖のようになっている場所からのアプローチのみということでした。
こちらの勝手な想像ですが、安全やスタッフの確保とか、いろいろあって結局公園としては積極的にカヌーをしてほしくはないということになったのかな。
いずれにしろ受付でもめても仕方ないし、湖は今満水状態なので、とりあえず行けるところまで湖からさかのぼっての下見をしてきました。

一般の人たちが、デイキャンプしながら自分で持ち込んだカヌーで、湖を漕いで楽しむなら、湖へのアプローチが不便ではあるけど、割とお金もかからないし、シャワーやトイレが使えるのでいいかもな。
でも、私たちが子どもたちの体験メインで企画するなら、ほかのやり方を選択するだろうな、というのが率直なところ。

この夏も7月の海の日に『川ガキ養成講座』予定しています。
子供も大人も、かわさきの川で遊んで学んでの一日。
今回のことも何かの形で生かしていこうと思います。







(08:54)

2017年05月05日

連休中、いい天気が続いて行楽の方々には何よりですね。
しばらく雨がないせいで畑はぱさぱさ。
今は返さなければいけない畑のクリスマスローズを移動したり、穴ぼこだらけの畑に木を植えながらゴーシュの森を整備しています。

山は八重桜が満開。
ニワトコの花もちょうどいっぱい花を咲かせています。
西洋ニワトコの花はエルダーフラワーと言って、レモンと一緒に砂糖液に漬けこんで、花のシロップを作ります。
これより約1か月前に咲く日本のニワトコ。
同じニワトコならと、今年もシロップを作りました。
DSCF5198

エルダーよりあくが強い感じで、液の色はきれいな濃いピンク。
いろいろ調べても、日本のニワトコは新芽をてんぷらなどで食べるくらいで、花でシロップを作って利用している事例はないみたい。
新芽も食べ過ぎると下痢をするとも書いてあるので、薬用植物園とかに問い合わせて、当面は夏の飲み物として利用は自家用のみに。
ただ、頑固な便秘症の私、味見で何杯か飲んだ翌日、わりとすんなり・・・。
ひょっとしてこのせい!?
しばらく試しに続けてみようかな。
DSCF5200
事の発端はこのメープルシロップ。
カナダの農家から直送の、ほとんど輸入されないダークという種類。
低カロリーで、ミネラルやポリフェノールをたくさん含んでいるということで、体にもいい。
そんな話に“面白そう”と4キロ買ってしまいました。
前々からこのメープルの話を聞いてはいましたが、「日常的に使ってないメープルシロップを、一度に4キロもいらないよな。誰が買うんだろう?」と思ってました。
なのに買っちゃった!
ここからの話はものすごく長くなるので結論だけ。

私リセットします!!

これからまちづくりをしようとしている私が、今までの感覚で取り組むのだとしたら、町の価値を下げてしまうと気づきました。
私自身の意識を変えないとだめなんだと。
今まで自分がやってきたこと、花もこんにゃくもCafeも暮らしもみんな。

レベルを上げよう。
みんなが誇りに思ってくれるような、価値あるものとして、土台から見直し取り組み方を変えよう。
ということで、開店から4年、来週からしばらくCafeはお休みして、その時間を改革のために費やします。
Cafeの時間のためにできなかったことをやってみたり、スィーツや飲み物の試作、体験メニューも試したり。
いろんな方にアドバイスしてもらいながら、質を高めて、深めていこうと思います。
ですので、よかったら今までのCafeの時間、お茶飲みがてら楽しい店づくりにご協力いただければ幸いです。

さて、
今週のCafeは通常通り
金・土 お昼~夕方やってます。
メープル試食できますよ!





 


(08:21)