2018年02月14日

DSCF5298

今年もクリスマスローズのシーズンがやってきました。
東京方面の花の販売時期は、年々早まってきて、そろそろ終盤かもしれませんが、こちらはこれから。
桜が咲くまでの期間、一歩一歩春に近づきながら、次々開花してくるクリスマスローズに胸が躍る季節ですよね。

20年間続けていた『雪の中の花祭り』
長い間ありがとうございました。
今年から、“お祭り”という形ににピリオドを打ち、“カフェ”の形で、新たにスタートすることになりました。

寒さの残る早春の野にあって、そこに凛と咲く姿の美しさ。
丈夫で大株になる存在感と春の訪れを告げる季節感。
それを伝えていける花作りを。
花祭りを始めた時の目標にもう一度立ち返って、自分たちらしい形でずっと続けていける花作りを模索してきました。

もともと畑で育てていることから、庭植えに合った活着のいい根のつくり。
露地の厳しい環境の中でも生き残った丈夫さ。
レジェンドから今風のものまで、豊富なバリエーション。
そこがうちの特徴であり、今までもお客様にも喜んでいただいていたところでした。
クリスマスローズ・ファンとしてのマニアックな部分も残しつつも、これからは庭で楽しむクリスマスローズを!
関東とは違う、東北に合った季節感の中で、この花の良さ、楽しさを伝えていきたいと思います。

そんなわけで、新たな一歩をを踏み出したびいなすふぁあむ、今後ともよろしくお付き合いください。

・・・ちょっと宣伝

そんな思いでいたら、ネット配信のガーデニング誌にシーズン中は月1ペースで、クリスマスローズの記事を書くことになりました。
よかったらご覧になってください。
Garden Story: https://gardenstory.jp









(11:59)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字