かわさきだ~い好き

2017年07月01日

今日から7月。
6月は千葉との往ったり来たりと日々のことで、あっという間に終わってしまった感じ。
梅雨前の急ぎの作業にかまけて、ブログもしばらくお休みしてしまいました。

ただ、今はなるべくフェイスブックを頻繁に更新しているので、タイムリーな情報はこちらで。
ブログは少しまとまったことを、月に2回くらいを目標に書くようにしようと思います。
そんな感じで、これからもお付き合いいただけたら幸いです。

IMG_0788
さて、梅雨入りしてからもいい天気が続いてましたが、今週からっ梅雨本番。
色づき始めたブルーベリーも、雨が降ると水っぽくなり、裂果したり、色づきが遅くなる分、虫や鳥にやられやすくなったりするので、少しまだ採るには早いのですが、朝収穫してきました。
清涼な朝の空気、山に響く鳥の声、薄いベールのように朝露をまとった木々の葉。
森が目覚めていくこの時間。
早起きは少し得した気分です。

ここのところ、夏のエコライフキャンプの営業やら準備で、あちこち回っています。
キャンプのチラシを持っていくことをきっかけに、ご無沙汰してた方の所にに伺ったり、今まで足を踏み入れなかった分野の方に方にアドバイスをしてもらいに伺ったり。
突然の訪問にもかかわらず、皆さん親身に話を聞いてくださり、いろんなヒントやアドバイスをいただくことができました。昨日は尚絅学院大の松田さんに、大学内で行うマルシェを通じて、学生さんたちとの交流の機会を与えていただくことになりました。
IMG_0790

確かに、こうした出会いが今回のキャンプの参加者探しには直接関係しないかもしれませんが、先につながる扉が開いたなと、新しい芽がいっぱい吹いたなという手ごたえがありました。
受け入れてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

今までほぼ身近な人とだけ楽しんできた川遊びや収穫祭を、継続性のある仕事づくりを目標に、キャンプという“商品”としてお金をいただいてやってみる。
私たちが大切だと、素敵だなと思う自然や田舎や農の暮らしを楽しんでくれる人を探す。
初めてのこと、初めて出会う人。
どうなるか先は見えなくとも、考えつく限りの手を尽くしてやってみるんだ。
手探りで、行き当たりばったりで。
まるで30年前のような青臭い自分に苦笑しながらも、“体当たり!?”のこの夏にわくわくしているのでした。


こんな具合なので、相変わらずカフェの再開に手が付けられず、申し訳ありません。
ちょっと気長にお待ちくださいね。







(13:33)

2017年05月12日

c
去年は桜の時期でしたが、今年は新緑の季節の釜房湖。
エコキャンプを利用して、もう少し気軽にカヌー(正確にはカヤック)体験ができないか。
コイの産卵のこの時期、10年ほど前に体験した“カヌーの下コイがいっぱーい”っていうのを子供たちに体験させてあげられないか。
そんなことを検証するために、久しぶりにカヌーに乗ってきました。
かなりの強風だった前日からすると、嘘のように穏やかでいい天気。
a
残雪の蔵王を遠くに臨み、日差しに輝く山の新緑、水面すれすれに飛び立つ鵜や、サギたちの集合住宅のような巣を見ながら、マイナスイオンたっぷりの春の空気で体の中まで洗い流せたような、そんなぜいたくな2時間でした。

10年ほど前、みちのく公園で北川下流にカヌー体験ができる場所を整備するというので、友人たちとモニタリングに協力したことがありました。
本当は、その後どうなっているのか知りたかったのと、そこが使えれば安全で漕ぎやすい場所に楽にアプローチできるので、そこから漕ぎ出すのを試してみるというのが当初の予定でした。
でも残念ながら、艇庫や休憩所、トイレ、駐車場、艇が出しやすいようにスロープも作られているのに、そこからの出艇はできないとのこと。
公園を利用するなら、エコキャンプのフリーサイト奥、水の少ない時期は崖のようになっている場所からのアプローチのみということでした。
こちらの勝手な想像ですが、安全やスタッフの確保とか、いろいろあって結局公園としては積極的にカヌーをしてほしくはないということになったのかな。
いずれにしろ受付でもめても仕方ないし、湖は今満水状態なので、とりあえず行けるところまで湖からさかのぼっての下見をしてきました。

一般の人たちが、デイキャンプしながら自分で持ち込んだカヌーで、湖を漕いで楽しむなら、湖へのアプローチが不便ではあるけど、割とお金もかからないし、シャワーやトイレが使えるのでいいかもな。
でも、私たちが子どもたちの体験メインで企画するなら、ほかのやり方を選択するだろうな、というのが率直なところ。

この夏も7月の海の日に『川ガキ養成講座』予定しています。
子供も大人も、かわさきの川で遊んで学んでの一日。
今回のことも何かの形で生かしていこうと思います。







(08:54)

2017年05月05日

連休中、いい天気が続いて行楽の方々には何よりですね。
しばらく雨がないせいで畑はぱさぱさ。
今は返さなければいけない畑のクリスマスローズを移動したり、穴ぼこだらけの畑に木を植えながらゴーシュの森を整備しています。

山は八重桜が満開。
ニワトコの花もちょうどいっぱい花を咲かせています。
西洋ニワトコの花はエルダーフラワーと言って、レモンと一緒に砂糖液に漬けこんで、花のシロップを作ります。
これより約1か月前に咲く日本のニワトコ。
同じニワトコならと、今年もシロップを作りました。
DSCF5198

エルダーよりあくが強い感じで、液の色はきれいな濃いピンク。
いろいろ調べても、日本のニワトコは新芽をてんぷらなどで食べるくらいで、花でシロップを作って利用している事例はないみたい。
新芽も食べ過ぎると下痢をするとも書いてあるので、薬用植物園とかに問い合わせて、当面は夏の飲み物として利用は自家用のみに。
ただ、頑固な便秘症の私、味見で何杯か飲んだ翌日、わりとすんなり・・・。
ひょっとしてこのせい!?
しばらく試しに続けてみようかな。
DSCF5200
事の発端はこのメープルシロップ。
カナダの農家から直送の、ほとんど輸入されないダークという種類。
低カロリーで、ミネラルやポリフェノールをたくさん含んでいるということで、体にもいい。
そんな話に“面白そう”と4キロ買ってしまいました。
前々からこのメープルの話を聞いてはいましたが、「日常的に使ってないメープルシロップを、一度に4キロもいらないよな。誰が買うんだろう?」と思ってました。
なのに買っちゃった!
ここからの話はものすごく長くなるので結論だけ。

私リセットします!!

これからまちづくりをしようとしている私が、今までの感覚で取り組むのだとしたら、町の価値を下げてしまうと気づきました。
私自身の意識を変えないとだめなんだと。
今まで自分がやってきたこと、花もこんにゃくもCafeも暮らしもみんな。

レベルを上げよう。
みんなが誇りに思ってくれるような、価値あるものとして、土台から見直し取り組み方を変えよう。
ということで、開店から4年、来週からしばらくCafeはお休みして、その時間を改革のために費やします。
Cafeの時間のためにできなかったことをやってみたり、スィーツや飲み物の試作、体験メニューも試したり。
いろんな方にアドバイスしてもらいながら、質を高めて、深めていこうと思います。
ですので、よかったら今までのCafeの時間、お茶飲みがてら楽しい店づくりにご協力いただければ幸いです。

さて、
今週のCafeは通常通り
金・土 お昼~夕方やってます。
メープル試食できますよ!





 


(08:21)

2017年04月28日

桜もいつの間にか葉桜に。
本格的な春がやってきましたね。
若葉が芽吹き、日差しはまぶしく、動くのにちょうどいい気温。
お天気の朝はそれだけでウキウキします。
tanemaki
月曜日は稲の種まきでした。
この日、ほぼゼロからコメ作りに挑戦するHさんが、種まきの仕方を学びに来ました。
ちっちゃなパイプハウスを旦那さんが作り、奥様が苗作り。
仙台に行く道沿いに畑と家があるので、前を通るたび、ちょっとずつ変わっていく様子がとってもほほえましくて、いつも見ているこっちまで幸せな気持ちになります。
コメ作りビギナーにはハードルは高いかもしれませんが、うまくいってほしいな。
こんな感じでこれからも、ちょこちょこと応援できたらいいな。

tuutyou
先日、誕生日に『かわさきBeat!』というまちづくり団体を立ち上げました。
26日、新月の日にその通帳を作りました。

Beat
鼓動・ドキドキ
広い川崎町。
人、自然、歴史・文化、仕事・暮らし・・・。
各地域それぞれ独自の鼓動。
それらが生き生きと重なり合ったり、響き合ったりして、かわさきのBeatを奏でる。
そんなイメージでこの名前を付けました。
これまでびいなすふぁあむの活動を通じて、ずっと胸の中に貯めてきたアイデアや思いを、いろんな人たちとプロジェクト形式で展開しながら、町の人たちが笑顔になる、“waku waku”する活動をしていきますのでお楽しみに。

さて今週のCafe
金 お昼~夕方 通常営業
土 お昼~2時まで(前回お知らせしたNyard saleに参加します。)

週末は荒吐ロックフェスティバル&Nyard saleだよ。
waku wakuだぁ~!!

 


(08:10)

2017年04月21日

ここのところ風の強い日が続いています。
こちらに嫁いだ頃、春は3日に2日は強風が吹いて、特に強い時には屋根が飛ばされた話も結構ありました。
ここしばらくは穏やかやかな春が続いていたので、油断してしまっていましたね。
実は強風が続く方がこちらの春の気候。
それでも日数も強さも以前よりはずいぶん減って、適度に雨もあるので畑づくりそのものはだいぶ楽です。
新葉を伸ばし始めたクリスマスローズも、このくらいなら何とかセーフってとこでしょうか。

DSCF5188 blog
そんな強風の中、16日の日曜日、地元の神社のお祭りがありました。
うちはお神輿の休憩所になっているので、毎年心ばかりお振舞いをさせてもらっています。
今年は手作りこんにゃくの田楽とうちの野菜と卵でチヂミを出しました。
昔に比べ、飲み物や食べ物にワーッと群がることはなく、子どもたちがずいぶんおとなしいなというのがちょっと気になりましたが・・・。
それでも、今年もこうして無事お神輿を迎えることができて、よかったよかった。

ここのところ川崎は移住ブーム。
川崎の自然や田舎の暮らしに夢を描いた若い人たちが移り住んできてくれるようです。
おかげでうちも去年の秋から冬、またいろんな人たちと出会うことができました。
みなさんには、早くここでの生活に慣れて、地元の人とつながって、新しい生活、仕事に描いた夢を楽しみながら形にしていって欲しいなと思います。
そのことがきっと、この町を明るくしてくれる。

やっとたどり着けた春。
これからの季節、田んぼや畑、山に川。カヌー、音楽。
川崎の豊かな自然の中で、また今年もいろんなことしたいな。
新しく来た皆さんと一緒にできたら、もっと楽しいだろうな。
DSCF5190 blog
去年移住してきた早坂さん一家が、今月末庭先でイベントをするそうです。 
いいなぁ。このゆる~い感じ。
私もお店で参加します。
特別なことでなくて、歩く速さで。
そう、ここに、ここから。
新しい風が吹いている、だなぁ。

さて、今週のCafe
金・土 お昼~夕方 通常営業です。
 


(08:27)